浮気調査の失敗

探偵の浮気調査の場合でも失敗する場合があるでしょう。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、失敗しない保証が少なからずあります。

尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠写真も撮れません。

成功報酬と言って誤解されがちなのは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あったとして調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査は成功したということになってしまいます。

実際には浮気していたとしても、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。

その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気をした、されたといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

男手一つで育てることも、また同様に仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。

不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談することをオススメします。

婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するようにしましょう。

それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。

女性の場合、近所に住む奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂されたくない場合には、相談しないようにしましょう。

着る洋服を見ることで浮気の裏付けをすることもできます。浮気をしている人に、著しいのは格好の変わりようです。

おしゃれにはこれまで疎かったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。

浮気へと進展しそうな人がいたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。もっと詳しく⇒探偵の浮気調査の料金は?どのくらいするの?